当団体は主にミャンマー少数民族地域における農業支援事業と遺骨調査事業を実施しています。

  • 農業支援事業
    ・農業を基幹産業とするミャンマー連邦共和国(以下ミャンマー)では、人口の約70%が農村部に居住し、GDPの約40%を農業分野が占めている
    ・特にミャンマー少数民族地域は奥深い山間部に広がっており、道路や電力等の基礎的インフラがほとんど整備されていない
    ・国連難民弁務官事務所(UNHCR)によると、タイには約11万人のミャンマー難民が、また国内避難民は把握できているだけで100万人以上が存在している
    ・2016年6月、ミャンマー政府はタイ政府とこの難民帰還に向けた準備で協力しあうことで合意し、この難民帰還民対策として、農産業での雇用創出を掲げている


  • 遺骨調査事業
    ・第二次大戦のビルマ(現ミャンマー)での日本人戦没者は約18万人とされ、少数民族支配地域では調査ができないままで、未帰還の遺骨は約4万5千柱と言われている
    ・インパール作戦は旧日本軍がミャンマーからインドのインパールに進攻した作戦で、雨期の山岳越えを補給不十分なまま強行し「白骨街道」と呼ばれたほどの犠牲者が出た
    ・遺骨がある地域はミャンマー政府と少数民族が武力対立して立ち入りが困難だったが、近年、和平が進展して収集が実現した